イマージョン教育

Pre-School  Elementary School  Secondary School

イマージョン教育について

book

 イマージョン教育とはバイリンガル教育の1つの方法で、本校では算数・理科・社会・芸術等、教科の70パーセントを第二言語で学びます。英語を学ぶことが目的ではなく、英語で学ぶことで知識、概念を習得します。第二言語の英語は手段にすぎません。また本校ではチョーク&トークの一方的な授業ではなく、具体的な活動を通して課題に取り組むことにより、子どもたちは高い適応能力で自然に英語になじんでいきます。小学校6年生時には自分の考えを持ち英語でディベイトできることを目指します。さらに、中等部、高等部において高度な英語に浸ることにより子どもたちは本物のバイリンガルへ成長していきます。

イマージョン・プログラムの歴史

book

 現在、イマージョン・プログラムはヨーロッパからアフリカ、アジアと世界各地で行われています。 カナダのフランス語圏の親が従来の第二言語としてのフランス語教育では使えるフランス語を習得できないということから、1965年にイマージョン・プログラムが始まりました。今ではカナダ全土に広がり、学校の数だけイマージョン・プログラムを行っているといえる状況です。
 アメリカでもスペイン語イマージョンが1970年代に始まり、10を越える言語を使い百数十の学校で実施されています。日本語でのイマージョン校も10校を越えています。

英語の習得による母語への影響について

book

 カナダ・アメリカ、日本で行われているイマージョン・スクールのいずれでも母語の力は同等かまたは少しよいという結果が出ています。国内外の研究によるとバイリンガルの子どもは多様な思考力・表現力・洞察力を身につけ英語との比較により日本語をより深くとらえるのではないかと言われています。
 70%のパーシャル・イマージョンといっても子どもたちの起きている時間の言語環境は圧倒的に日本語です。テレビ・新聞・親子の会話等は日本語ですから、日本語の習得に問題を残すことはありません。しかし、通常であれば国語以外の科目も日本語で学んでいるわけですから、日本語で学ぶ時間は大変少なくなります。それを補うための国語の授業を担当する教師の努力は大変なものですし、家庭での日本語による読書は大変重要になってきます。こうした努力が必要なことを忘れないでください。  なお、英語で習った理科・算数等の専門用語については、英語サイドの担任と連携をとりながら国語の授業時に英語と日本語の語彙を結びつけるという補足活動が行われます。

カリキュラムについて

book

 本校は構造改革特区校なのでカリキュラムは柔軟に対応することができます。普通の学校では英語の授業を教科として指導することは出来ませんが(現在は総合学習の時間の中で国際理解教育や英語教育を行うことは可能)、本校の初等部では英語とコンピュータを教科として授業を行っています。また、文科省検定教科書の翻訳教科書の使用、外国の教科書の使用も可能です。ある部分は学年を超えて早めに取り入れたり、程度の高い内容を取り入れています。基本的にカリキュラムは文科省の学習指導要領に従っています。
 本校は英語を学ぶことが主目的の学校ではありません。英語で学びながら自分の意見を持った国際人を目指しています。なお、二言語による教育のため授業時間数は公立学校より多くなっています。

イマージョン教育を振り返って 初等部副校長 井上春樹

〜イマージョン教育は言語習得以上に大きな価値がある〜
mrInoue
  • 開校前に“イマージョン教育への3つの疑問” として当時心配されていた「1.フラストレーション 2.学力の問題 3.母語である日本語の乱れ」という疑問も現在問題となっていない。
  • 小学生で英語で考え、英語で意見を述べられるのは、圧倒的な英語の時間の中にいることと、意味のある内容を英語で学ぶという「Content Based Instruction(内容重視の教授法)」が可能にした。
  • 国語が英語イマージョン教育を支えている。日本語で討論し、日本語で論理的に話せない者が、英語で討論し、論理的に話すことは出来ない。国語の研修でクリティカル シンキングの育成に焦点を当てて研修をしている。
  • 言語習得を越えて、柔軟で多様な思考、分析的で論理的な思考、クリティカル シンキングが習得され、自分の意見を持てる今までにない日本人が育っている。
  • イマージョン教育の基盤にオープン教育があるからこそ今までにない日本人が育っていくことが可能となった。
  • 初等部でのオープン教育はIBにそのまま直結していく。
Contents 詳しい内容