緊急時の対応

暴風雨等の自然災害時の休校連絡について

休校のお知らせの方式
  • 前日のうちに「休校」と判断できる場合
    1. 台風の接近等、前日のうちに判断できる場合、在校時文書配布が可能なら文書、児童生徒帰宅後の場合は一斉メールで「休校」のお知らせをいたします。
    2. この場合、結果として快晴となっても「休校」です。
  • 当日朝(6:00を想定)の一斉メールによる休校連絡
注意:
  1.  本校の通学範囲は大変広範囲です。学校での天候と大きく違うかもしれません。また、交通機関が不通に なっているかもしれません。そうした状況をすべて把握できませんので、学校からの指示がなくても強風・ 大雨・洪水などの警報が出ると予想される場合、保護者の判断で「登校させる」か、「様子を見る」か、「休ませる」か決めてください。登校させる場合、往復の通学路の安全が確保できると判断できる場合のみに してください。
     但し、その地方に警報が出されていれば休校扱い(出席を要しない日)にします。警報が出されていなければ、休校扱いにはなりません。その旨、学校に連絡ください。休校扱いにならないから登校させるという ことではなく、保護者の安全の選択を優先してください。
  2. 警報とは、大雨、洪水、暴風、暴風雨、大雪などをいいます。
    (注意報ではありません。)
< 登校後の対応 >
休校を知らずに登校した場合
  1. 諸般の状況を考慮の上、適切な措置をとります。
  2. 児童生徒自身で下校させてもよいと判断した場合で、公共交通機関で帰る児童生徒には教師が下校指導 をするなど家庭と連絡をとりながら安全面に配慮します。
< 登校後、台風の影響で早期に下校させる必要がある場合の対応措置 >
  1. 台風の進路によっては鉄道の不通になる前に、また、暴雨圏内に入る前に帰宅させるため、授業を途中で打ち切り予定より早く下校させることがあります。
  2. その場合は、メールで連絡します。