国語 Japanese

language
Principal

 GKAでは、英語だけなく国語学習も教育の柱になっています。日本で暮らす子どもたちにとって、母国語である日本語力の基盤を強化することは必須であり、両言語で筋道を立てて、自分の考えや意見を発信できることが、国際社会で活躍するリーダーに必須のスキルであると考えているからです。

Principal

 本校の国語科では「読む」「書く」「聞く・話す」の言語スキルだけではなく、国語学習を通して子どもたちのクリティカル シンキング(論理的・分析的・批判的思考)能力を育成することを目標としています。そのため、課題解決型学習を取り入れ、プロセスを重視した学習を行っています。子どもたち一人ひとりが学習課題を明確にし、深く考え、友達と意見を交換し合い、ゴールに向かって意欲的に学習に取り組んでいます。発表活動(朗読、劇、ポスターセッション、スピーチ、ニュース番組)、交流活動(クラスや小グループでの話し合い、討論)、作品制作(物語、エッセイ、新聞、図鑑、パンフレット、俳句・短歌・詩)など様々な言語活動を通して、子どもが自ら考え、表現する力を養っています。