理科 Science

language
subject1

 様々な方法また教授法を活用して、理科の知識やスキルの指導を行っています。GKAの理科の目標は、科学的プロセススキルの育成と、そのスキルを応用し身の回りにある世界を科学的に観察する機会を児童に与えることです。クリティカル シンキング力と創造力を高めるために、理科プログラムでは実践的また知識的な学習に特に重点を置いています。クラスメートと協同で行う少人数での実験や話し合いを通して、児童は理科知識を理解します。またリサーチプロジェクト、自分達で考えたワーキングモデル、発表そして発表後の考察によって、学んだ知識をさらに充実させます。理科に対する積極性、もっと知りたいと思う好奇心を育むために、理科の授業以外にも各自が学んだ理科知識を校内で発表するサイエンスフェアを開催しています。教員は授業中またその他の機会を通して、児童が理科のより高い理解力を習得できるよう支援をしています。放課後に理科の補習時間を設けて、プロジェクトや授業内容、宿題など、理科に関連する全ての内容に関して指導を行っています

subject2

 評価については、単なる知識の暗記ではなく、学習した知識を説明、分析、解釈する能力また日々の生活への応用力を重視しています。科学情報を理解するために重要である用語の習得にも力を入れています。

 科学的技術的に進歩を続けるグローバル社会の中で、児童がその進歩に対応できる力を持つことができるよう努力を続けています。

理科の目標は、
「疑問を持つこと、また科学や技術また社会の関係を探究し生活の中で応用することによってクリティカル シンキング力を育成し、児童が持つ自然に対する驚きの気持ちに応えていくこと」です。