トピックス
 

初等部 - フィリピンへの募金活動
Elementary - Fund Raising for the Philippines

2013.11.18

台風30号により甚大な被害を受けたフィリピンの人たちを支援しようと、4年生の児童が募金活動を始めました。台風のニュースを聞いた4年生児童が自発的に募金活動をしたいと申し出たためです。テレビでレイテ島の惨状を見て、「東日本大震災の時に日本はたくさんの国から助けてもらったんだから、今度は私たちができることをしたい」と子供たちが話し合ったそうです。自分たちで放送の原稿を考えて、昼休みに全校放送をしました。たくさんの子供たち、保護者の皆さん、教職員から集めた募金を有意義に使ってもらうため、どの機関にどのようにしてお金を贈ればいいのか、自分たちで考え実行する予定です。

G4 students are taking a lead in fund raising for the victims who suffered significant damage from the super typhoon Haiyan in the Philippines. After watching on television the devastation in Leyte Island, the students discussed that “Many people in other countries around the world helped with Japan’s recovery after the Great East Japan Earthquake. Now it’s our turn to help the people in the Philippines.” They wrote the scripts by themselves and made announcements during lunch breaks promoting the fund-raising campaign. They were determined on encouraging many students, parents, and teachers/staff to donate and they will send the money to an organization which will do the best use of the donation.

img1