トピックス
 

初等部 - GKA サイエンス・フェア 2013-2014
Elementary - GKA Science Fairs 2013-2014

2014.06.19

img1 img2
img3 img4
     2013年12月14日、毎年恒例となるサイエンス・フェアが開催されました。この日はブリストー教諭が指導する4年生と6年生の学年が発表しました。児童は体育館で各自の理科の研究プロジェクトを展示しました。4年生と6年生は何を、どのように研究したのかを説明し、他の学年の児童達は各プロジェクトを見て回り、説明に耳を傾けました。また、GKA中高等部の理科教員が審査委員として訪れ、科学的論理性や内容の熟知度、プレゼンテーション力の観点から最も優秀なプロジェクトを選びました。

   優秀発表者:
    4年生
     1位: 4B (S.A. and W.A.) 「音波振動の不思議」 
     2位: 4A (M.I., R.H. and A.K) 「空気と炎との関係」 
     3位同位: 4A (M.K., M.S. and R.A)―「静電気」 
     3位同位: 4C (E.I.)―「どうすればM&M’s(お菓子)を早く溶かせるか」

    6年生 
     1位:6C (M.I.)―「海水エビ」 
     2位:6A  (S.Y., S,I., and N.S.)―「めちゃうまいアイスバー」 
     3位:6A  (R.Y, and K.K.)―「ホッカイロ」

     2014年3月19日、1年生・2年生・3年生・5年生の児童達が、各自のサイエンス・フェアのプロジェクトを展示しました。1年生と2年生は、物が浮く・沈む現象、凍る・溶ける現象や硬貨の汚れを取る方法、一番吸収するペーパータオルなどの科学的現象を研究した結果を発表しました。その後、児童達は交代で学んだことを実演しました。
    3年生の児童は、風やゴム、電気、磁石など、理科の授業で学んだことを題材にして研究し活動しました。その後、子ども達は体育館でお互いのゲームを楽しむ活動をしました。
低学年生は教員と共に複雑ではない科学の概念を楽しく学びますが、成長するにつれ、子ども達自身が自主的に(自分で責任を持って)、各自が抱いている科学に関する疑問を探究していきます。全ての児童が科学的な何かを調べることの楽しさを体験し、科学が深く、一人一人にとって意味のあるものだと感じられたなら何よりです。

     December 14, 2013 – the grade 4 and grade 6 students, taught by Mr. Bristow, held their yearly science fair. Students set up their science study projects in the gym. Other students came to look at their projects and listen to grade 4 and 6 students explain what and how they studied. Science teachers from the GKA secondary school visited and helped to choose the best projects based on students’ demonstration of scientific thought, understanding of their topic, and presentation skills.

The winners:
   Grade 4 
    1st Place: 4B students (S.A. and W.A.) “The Wonder of the Vibration of Sound”  
    2nd Place: 4A students (M.I., R.H. and A.K) “Relationship Between Air & Fire”  
    3rd Place (tie): 4A students (M.K., M.S. and R.A.) “Static Electricity” 
    3rd Place (tie): 4C student (E.I.) “How Can We Melt M&M’s faster?”

  Grade 6
    1st Place: 6C student (M.I.) “Brine Shrimp” 
    2nd Place: 6A students (S.Y., S,I., and N.S.) “Yummiest Ice Bar” 
    3rd Place: 6A students (R.Y, and K.K.) “Pocket Warmers”

     March 19, 2014 – students in grades 1, 2, 3, and 5 displayed their science fair projects. First and second grade studied various scientific phenomena such as sinking and floating, freezing and melting, how to clean dirty coins, and which brand of paper towel is the best. Then students took turns demonstrating what they studied. 
Third grade students designed and made activities based on topics they learned in science class: wind, rubber, electricity, and magnets. Students then went around the gym playing each other’s’ games and activities.
    Students in lower grades are helped along more by the teachers so that they can enjoy learning about simple scientific concepts but more and more freedom (and responsibility) is handed over to students as they get older so that they can explore their own scientific questions. Hopefully all students had fun and could practice science at a deep and personal level.