トピックス
 

中高等部 - サイエンスフェア
Secondary - Science Fair

2017.04.11

 3月11日、中高等部のサイエンスフェアが行われ全校行事として公開されました。当日は午前9時半からから午後3時までの開催中、地域の方々、太田南ロータリークラブの方々やゲスト校の教職員の皆様、初等部の児童保護者にお越しいただきました。お陰様で、校外からの来訪者は合計で180名におよぶ大盛況となり、本校の生徒と教職員は春の一日を皆様と共に過ごしました。
サイエンスフェアは、科学に特化し、英語で行われる本校独自のイベントで、生徒の探求学習の発表と科学的思考への興味関心を喚起する目的があります。フェアにおいては、各学年の探求学習の成果発表、エッグドロップや水ロケット等の各種科学技術競技、木製手作りローラーコースター、ピタゴラスイッチ体験、パソコン分解ワークショップ、ロボットプログラミング、スマホ顕微鏡作り、学校農場での動物との触れ合い、ゲスト校との白熱した科学英語ディベート大会等々、盛りだくさんのプログラムが行われました。また、18人ものSHIPのボランティアの方々が暖かいけんちん汁を手作りして下さり、美味しいと大人気でした。
保護者アンケートの結果を見ると、多くの方々に楽しんでいただけたようです。こうした楽しい行事を通じて本校がコミュニティへの参画をすすめられることを望んでおります。また、本校の教育活動に関するご理解とご協力をいただくと共に地域振興にもお役に立てたらと願っております。

We had the GKA science fair on March 11th from 8:30am to 4:00pm. More than 180 visitors including the Ota South Rotary Club members, guest professors and elementary students, parents and teachers enjoyed a warm spring day with us.
 It is one of our unique school events in English, which is focused on scientific activities. It aims to provide opportunities for inquiry and presentation. Actually, the real purpose is to enjoy science itself with everybody. The 2017 GKA science fair consisted of so many events which included a research presentation from each grade, an egg drop competition and a water rocket competition, a robot club exhibition, a 1/1-scale model of the artificial satellite Akatsuki, a PC breakdown workshop by Nakadai, a PETS programming robot and Strawbees workshop by TMCN, and a smart phone microscope attachment by Prof. Katayama. Also, science helpers made a wooden roller coaster, a Pitagora-switch exhibition and school farm open house. In addition, the final match of the English debate at the closing ceremony between TGUISS and GKA students was breathtaking. 18 SHIP parent members kindly made delicious vegetable soup during lunch time, and there was a long line for it. According to the parents’ questionnaire, most of the participants said that they enjoyed the 2017 science fair. We hope we will be more open and foster a better friendship with local communities. It would make us so happy if such an event like the science fair could contribute to it.

img1 img2
img3 img4
img5 img6
img7 img8