Topics
 

初等部 - 1年生100日のお祝い
Elementary - G1 100 Days Celebration

2013.12.20

10月4日(金曜日)、GKAでは一年生の100日目のお祝いをしました。アメリカの学校では、100回目の登校日は大きなお祝いの日です。入学した日から毎日、ストローを一本ずつ、登校日を数えるホルダーに入れて、皆で「1日目」、「2日目」。。。「10日目」、「11日目」、。。。。「50日目」。。。「100日目」と大きな声で登校した日を一日一日数えてきました。10の固まりのホルダーが一つ、また一つといっぱいになり、10個のホルダーがすべていっぱいになったその日、一年生は100にちなんだ色々なお祝いの活動をしました。
アメリカの百日のお祝いを題材にした本の読み聞かせ。100個の物の塗り絵。100日目のお祝いの紙製王冠づくり。全員でジャンプ100回。「こんなに学校に来たの?」、「100回ジャンプしたら疲れちゃった!」、「100回早起きしたんだね。」、「100個っていっぱい」、「アメリカの学校も同じことしてるんだ」。。。子供たちの嬉しそうな感想が聞こえてきます。
きれいにカラーリングした100日の王冠を誇らしげに、クラス全員で写真を撮りました。100日子供たちを励まし元気に学校に送り出してくださった保護者の方々も感慨深い一日だったことでしょう。

On Oct. 4 (Friday), the G1 students celebrated their 100th days in school. 100th day celebration is one of the most important events in primary schools in the United States.
In GKA the students and teachers put one straw into a plastic holder to count school days each day since day 1 at GKA. They loudly said “1st day”, “2nd day”….“10th day”, “50th day”….”100th day” during homeroom activities. When they reach 10 days, they make a new group of ten. Finally, on the day when they filled all 10s’ holders with 100 straws, the students enjoyed various activities to celebrate the day such as, reading a book about “100 day of celebration“ in the States to the children; coloring 100 items, creating 100-day celebration paper decorations, jumping all together100 times …..
“Wow! We came to school for so many days.” “I am very tired after jumping 100 times.” “I woke up early 100 times!” “100 mean lots.” “Children in the US are also doing the same!” We heard children’s pleasant speeches and happy remarks.
Class photos of G1 students proudly wearing self-made 100-day paper crowns were taken. Their parents themselves who got their children to school 100 times must have felt the deep emotions on this day.   

img1 img2
img3 img4
img5 img6