Topics
 

イマージョンシンポジウム 2013
Immersion Symposium 2013

2014.01.10

12月13、14日の両日、初等部および中高等部キャンパスにおいて、GKAイマージョンシンポジウムを開催いたしました。2007年、開校3年目に開催した第一回目のシンポジウムは、「日本におけるイマージョン教育:実践と経験から未来」というテーマの下、これからの英語教育は、英語を学ぶのではなく、「英語で学ぶ」という日本の英語教育の進むべき道を示唆したものでした。今回、一期生が高等部を卒業するという節目での開催となり、 “English Immersion Meets Critical Thinking”と題し、英語力習得から英語で学ぶことで得られる価値、クリティカルシンキングにも焦点を広げました。
2日間の参加者は、累計203名。幼児英語教育関係者、公立・私立小中高等学校教員、教育委員会、インターナショナルスクール、言語教育・国際関係等の大学研究者、英語教育関連塾や企業の皆様と、多方面からのご参加を賜りました。
1日目は、クリティカルシンキングを実践する授業を初等部、中高等部の両キャンパスで見学していただき、英語イマージョン教育の成果や昨年度からスタートした国際バカロレア ディプロマコース(IBDP)に関する説明、また児童による短期留学のプレゼンテーション、生徒・保護者Q&Aなどを行いました。
2日目は、解釈ツールとしてのユーモアを研究され、教員養成のスペシャリストでもあるブリティッシュコロンビア大学のエレイン・デッカー博士による「トリックスターの思考を学ぶ」と題したクリティカルシンキングスキルにつながる内容の基調講演からスタート。次にイマージョン教育のスペシャリストで、カナダおよび日本の学齢児童の日英の言語発達における言語横断を中心に研究されているトロント大学の中島和子名誉教授をお迎えし、「日本における言語および多言語教育、イマージョン教育の動向」をお話いただきました。基調講演の最後は、IB機構アジア太平洋地区理事の坪谷ニュウエル郁子先生に、IB導入を考える学校に大変興味深い、国際バカロレアの最新動向や日本でのIBDPの実施等に関する講演をしていただきました。
続いてのワークショップでは、早稲田大学理工学学術院の戸川望教授が大学のグローバル化について、J-SHINE(小学校英語指導者認定協議会)会長の中山兼芳氏からは5、6年から英語を教科化する小学校英語で目指すものという視点でのお話を伺い、本校の教諭もGKAでのIB、英語、数学等の8教科分科会で報告をいたしました。最後に基調講演者とワークショップ講師によるパネルディカッションでシンポジウムは閉幕となりました。
ご出席の皆様から多くのご意見ご感想をいただきました。皆様からのご意見を参考に、今後も児童・生徒の学力向上はもちろんのこと、精神的情緒的また社会的な成長を育成できる教育カリキュラムを遂行していく所存です。
2013年6月に閣議決定された「日本再興戦略-JAPAN is BACK-」の中に、「一部日本語による国際バカロレアの教育プログラムの開発・導入等を通じ、国際バカロレア認定校等の大幅な増加を目指す。」とあります。具体的には2018年までに現在の16校から200校まで増やすとのこと。また、クリティカルシンキングの育成についても重要課題として文科省の新学習指導要領にも明言されています。今後一層クリティカルシンキングやIBが注目されていくことでしょう。
同時に、日本でのグローバル人材育成を達成するために、国内大学においてIB履修生を積極的に受け入れる動き、また初等教育からの英語教育の強化が挙げられています。構造改革特区第一号として認定された英語イマージョン校として、今後も情報を発信していけるよう、学園全体で取り組んでまいります。

The Immersion Symposium took place on Dec. 13th and 14th in the elementary and secondary campuses. The first Immersion Symposium, held in 2007: the third year after GKA’s establishment, suggested the future path of the English education in Japan from “studying English” to “studying in English”, reflected in the theme of “Immersion Education – The Japanese Experience: What We Have Learned”. This time was the second one at a period when we crossed a significant milestone for our inaugural students graduating after nine years after its establishment. The recent symposium with the theme: “English Immersion Meets Critical Thinking” shifted our focus to the value of studying in English from acquisition of English language proficiency.
There were 203 participants in total for the two days. Participants of different interests attended the symposium, namely, teachers; researchers, administrators and managers of nursery/pre-schools; public/private elementary and secondary schools; international schools, universities and educational institutions; scholars of language education and international relationship; business people; university students; and others.
The symposium began with class observations in the elementary and secondary campuses showcasing critical thinking. The administrators presented the achievements of GKA’s English immersion education, explanation of IBDP we implemented last year. G6 students gave a presentation on their study trip to Australia.   
The second day started with the keynote lecture by Dr. Elaine Decker, from the University of British Columbia studying humor as an analytical tool and a specialist for professional development. She implied “critical thinking” in her lecture entitled, “Learning to think like a trickster – Using humor to nourish the imagination and enhance creativity and problem solving". The second keynote lecturer was Ms. Kazuko Nakajima, Professor Emerita, who studied immersion education at University of Toronto in Canada for more than fifty years. She explained the details of immersion education including its history, definition and challenges. Ms. Ikuko Tsuboya-Newell, the third speaker delivered an intelligible explanation about IB and its latest developments. Her presentation served as useful information for high schools aiming to implement the IB program.
In subsequent workshops, Dr. Nozomu Togawa, Professor in the Faculty of Science and Engineering of Waseda University, discussed globalization in his faculty. On the other hand, Mr. Kaneyoshi Nakayama, President of J-SHINE (Japan Shogakko Instructor of English) talked about the objectives of English education in elementary schools. English will be an official subject for G5 and G6. In addition to those two workshops, GKA teachers organized workshops around the eight subject areas: JLA, ELA, IB, mathematics and others. The symposium ended with a panel discussion with keynote speakers, workshop lecturers, GKA principals and IB coordinator.
We received many useful and important opinions and comments from participants. With the help of these feedbacks, we will continue to challenge students academically, socially and emotionally, and guide them in the implementation of an ideal curriculum to fulfill our mission. 
It is stated in “Japan Revitalization Strategy – Japan is Back” endorsed by the cabinet in June 2013 that “The government should develop and introduce an International Baccalaureate education programme in Japanese for some of the subjects, and thereby greatly increase the number of accredited schools (2000 schools by 2018)”. The Ministry of Education, Culture, Sports and Technology (MEXT) declares the importance of fostering critical thinking skills in the new educational guidelines. Critical thinking will increasingly attract attention in the future.
At the same time, there is a tendency to willingly accept IBDP students to cultivate global human resources among Japanese universities. The government emphasizes the enhancement of English education from the elementary level. The entire GKA community being the first English immersion school accredited as Foreign Language Special Educational Zone is making efforts to provide useful information for the public.   

img1 img2
img3 img4