Topics
 

中高等部 – 第14回 9年生 日経STOCKリーグ 審査員特別賞受賞
Secondary –The 14th NIKKEI STOCK LEAGUE

2014.04.03
2013年9月~2014年1月にかけて、本校9・10年生有志19名が「日経STOCKリーグ」というコンテストに取り組んできました。その中で、9年生チームのレポート「アフリカの生活水準の向上」が、全国からの参加1,484チームの中から上位10レポートに選ばれ、「審査委員特別賞」を受賞いたしました。
本コンテストは、今年で14回目となる、中学生・高校生・大学生を対象にした日本経済新聞社主催の株式学習コンテストで、GKAは今年が初参加でした。生徒達は株式会社の仕組みや意義、SRI(社会的責任投資)の考え方を学んだ上で、1チームあたり500万円の仮想資金を用いてチーム毎のテーマに沿った株式投資を行い、その成果をレポートにまとめました。投資企業を選定する過程においては、机上の調査だけではなく、実際に多くの会社への訪問や電話インタビューを行いました。社会で働く人々の生の声を聞く経験を通じて、現実経済の動きを学んだだけでなく、金融を通じた社会参画についても理解を深められたと話していました。
受賞チームの9C飯山玲南さん、石塚一誉君、植田陽君、9D阿部七海さん、今井航一君は、3月25日(火)に大手町で行われた発表会&交流会に参加し、「社会科で学んだアフリカの児童労働の問題について、金融で解決に貢献できないかと考えた」と英語で堂々とプレゼンテーションしました。
2014年度始業式において、参加した生徒全員が校内で表彰される予定です。活きた経済を学び、他校の生徒や社会人とも交流できる本プログラム、是非来年度以降も沢山の生徒に参加して欲しいと思います。

なお、受賞レポートは以下の大会webサイトより全文がご覧頂けます。http://manabow.com/sl/result/14/index.html


Some of G9 and G10 students voluntary have worked aggressively through “Nikkei STOCK League” since September 2013 to January 2014. In this contest, GKA G9 team won a “Jury’s special award” among 1,484 responses from around the country.Nikkei Stock League is a contest conducted by Nikkei Inc. in which students virtually purchase stocks under the theme they set to solve some social issues by the power of finance and write an essay about it.
This contest can contribute to students’ comprehension of live economy, ability to write essays and the attitude to participate in the society through investment.
Students have visited and interviewed many companies for screening process and learned the dynamism of real economy. We hope more students to join this program next year and learn together about the world and interact with students at other schools!

You can look at the report in the website below.
http://manabow.com/sl/result/14/index.html
img1
2014年3月8日(土)
日経新聞社にて行われた表彰式にて