Topics
 

中高等部 ‐ NFLJ
Secondary - NFLJ

2017.10.23


Last summer, two teams from Gunma Kokusai Academy attended the National Forensic League Japan’s (NFLJ) National Debate Tournament held in Yamanashi, with both teams placing in the top 25, and one team qualifying for the US National Tournament to be held in Florida in 2018.

The tournament was held at iCLA in Yamanashi Gakuin University in Kofu, Yamanashi. High school debate teams from both Japan and abroad competed. There were a total of 57 teams, including students from Shanghai, China, and British Columbia, Canada.

Isamu Isozaki and Ryota Okamoto, 11th grade students, and Moe Ishii and Mew Kano, 10th grade, represented GKA at the tournament. It was the first time for all four students to participate in the public forum debate, and they were understandably nervous, but their impressive performances belied any nervousness.

The topic for the public forum debate was “On balance, governments should guarantee a universal basic income for all taxpaying members of a society.” Students researched the topic in the months prior to the debate and prepared persuasive arguments. The point of the competition was not to defeat one’s opponent, but to convince the audience that one’s argument was the more persuasive one. This created a very collegial atmosphere, and GKA’s students found themselves chatting, exchanging tips and friendly advice with their opponents after each debate.

Isamu and Ryota ultimately won three out of four of their debates, and Moe and Mew won half of their debates. At the end of a long day of debating, the students felt invigorated and enthusiastic, and all of them look forward to participating in more debate competitions in the near future.

8月3日山梨県甲府市にて開催された日本NFLJ第3回全国大会に本校からのチーム2組が出場し両チームともトップ25組に選ばれました。本校からのチームのうち1組は2018年フロリダで開催される全米トーナメントにすすむことになりました。(NFLJはアメリカ最大のディベートコンテストです。)

会場である山梨学院大学では、日本内外からの高校生チーム57組がそれぞれのディベート力を競い合いました。上海、中国、カナダのブリティッシュコロンビアからも出場しました。

本校からは11学年の磯崎勇さんと岡本遼大さん、10学年の石井萌絵さんと加納未祐さんが出場しました。全員、公開討論会形式のディベートは初めてだったためもちろん緊張していたはずですが、予測に反して素晴らしい発表を行いました。

ディベートのトピックは、「政府は社会の一員である納税者に対し、最低所得保障をするべきである」でした。大会1か月前から準備をし、説得性のある論拠を準備しました。決め手は相手を負かすのではなく、聴衆者にとって自分たちの論拠の方がより説得力があると思わせることですので、大変協調的な雰囲気の中、本校生徒はディベートの対戦相手と雑談したり、アドバイスを受けたりしていました。

出場した4ディベートのうち磯崎さんと岡本さんは3回、石井さんと加納さんは2回勝ちました。ディベートづくしの長い一日でしたが、生徒たちはこの経験から元気をもらい、近いうちにディベート大会に出たいと思ったそうです。

img1