教科/行事/部活動
 

国語 Japanese Language Arts

language
img1
[ 目標 ]
GKAの国語カリキュラムには以下の3つの目標があります。
国語の基礎学力の充実
・母国語としての日本語を適切に表現し、正確に理解する能力を育成すること。
思考力・表現力の向上
・クリティカルシンキング能力やプレゼンテーション能力を高めること。
国語や伝統文化の尊重
・国語や伝統文化に対する認識を深め、尊重する態度を育てること。

[ 内容 ]
 GKAと同様に英語による教育を行っている学校として、いわゆるインターナショナル・スクールが挙げられます。しかしインターナショナル・スクールは学校教育法における各種学校の扱いであり、日本の中学校や高等学校と同じ扱いを受けないばかりか、国語の授業自体が多くありません。
 GKAは学校教育法で規定されている「一条校」です。本校の中・高等部を卒業することは、そのまま日本の中学校・高等学校を卒業したのと同様の資格が与えられます。英語イマージョン教育を行っている本校において、国語教育はその対極に位置するのかのように思われがちですが、英語イマージョン教育を受けつつ、十分な国語の能力を身に付けられることこそ、GKAの最大の特徴と言えるのでしょう。
 本校では一般の学校で用いているのと同様の教科書を使っています。授業では「話すこと・聞くこと」「書くこと」「読むこと」の各内容について、基礎的事項を落とさず身につけるのはもちろん、クリティカルシンキングを発揮し、対象物を見聞きしたままに受け取るのではなく、客観的なおかつ分析的に理解する能力を高めます。また、自分の考えを国内外の様々な人々に理解してもらうためにプレゼンテーション能力を向上させるための活動を随時取り入れています。
 さらに、将来国際舞台で活躍する人材にこそ、自国の言語や文化を尊重する態度や深い造詣が必要と考え、国語の授業においては古典に早くから親しませるなど、伝統文化を尊重する意識の涵養に努めています。