夏休み明け全校集会校長講話 2014年8月25日
Principal’s Speech at School Assembly August 25th, 2014

2014.08.26
Principal’s Speech at School Assembly                   August 25th, 2014

Good morning, students. On the occasion of this assembly of the entire school, I would like to convey my impressions to all of you.  
The long holidays lasted for just one month, and you are back again to complete the first semester.  I’m so pleased to see you all here at the school gym.  
I recognize so many students – you look so fine, your faces somewhat suntanned and healthy.
 I do hope that you are well-prepared for the opening today of another chapter of school life.  As you know, we have a little more than a month to go before the first semester concludes at the end of September. The semester-end tests will begin very soon.
For students who did well on the last mid-semester tests, let me ask you to continue your great efforts.
And those of you who did not do so well, I urge you to make every effort to do better just as I had pleaded at the school assembly on July 24th.  
Please, please, never abandon the desire to get better. Remember, you will succeed as long as you try your hardest.     Now let me return to my idea on our policy of using English, in speech, writing, even casual conversation. That’s central to student life here at GKA. All right, let’s consider the positive side of the record here – and then review other areas that need more effort and improvement.One of the good points that I am pleased about is that many students regardless of their grades are ready to pick up the habit of speaking English.  
As principal, responsible for the school management and promoting this policy, I try to make it a rule to take the lead in talking to students and staff members in English.
Every time you respond to me in English enthusiastically, I feel so happy and very proud of you.
 I’m also happy to hear that more and more of you are speaking to members of the office staff in English.
That’s a welcome and wonderful advance in the entire environment of the school.          Now here are some points to consider for getting still better.
Let’s be realistic. We still have far to go to meet this difficult challenge.
 Students need more opportunities for expressing themselves in English – and if possible not relying at all on Japanese.  When a lady wears a dress, she may wear beautiful jewelry.
 Jewelry plays an important role – it has to complement the dress perfectly.  
If I may complete this analogy, use of just the right words and phrases, for even seemingly trivial matters, enhances your basic command of English in all situations.
To my mind all your efforts in promoting this policy, even in minor personal matters, should lead to improvement in the English-speaking environment beyond all the work you do in classes calling for English immersion.      Professor, Kazuko Nakajima at Toronto University in Canada – a leading expert in the study of bi and multilingualism and immersion education, notes that shifting languages in communications is like shifting gears in a car. No matter what you do, you have to strive to speak fluently and naturally just as you would drive easily as you shift from one gear to another. Certainly while studying specific subjects like Japanese and social studies, you can use Japanese. Of course, you should make the best use of the opportunity to write and talk in your mother tongue. At the same time, in English immersion classes as well as outside of these classes, you should   make every effort to concentrate on using English as much as possible.
That’s how and why our English Policy should be respected and observed.
 The spoken language is a primary means of communication to be used clearly and well. My advice for you as GKA students is that you should never miss the chance to use English in keeping with the policy of the school – and for your own personal and future professional benefit.         I am sure that many students and parents are interested in our English Policy.
 Language committee members in our last meeting in March kindly wrote sincere letters to me suggesting that GKA should promote the policy still more than it already does.
 I hear that the same committee has a plan to post newspaper articles on walls of classrooms and corridors for the same purpose.
 I have already asked those staff members to let students draw posters for promoting the policy. Then you will be able to point at the poster whenever you want to prompt someone who might be with you to speak English.
 I am going to urge all teachers and staff members to be more conscious of our English Policy. We will make sure homeroom sessions are conducted definitely in English, and we will try to speak carefully and deliberately to students in English.       From the bottom of my heart, I consider GKA to be a great educational institution.
  It is my strong belief that when the English Policy is thoroughly and voluntarily observed and promoted, when we learn to carry out the policy effectively in and outside the classrooms, our school, GKA Secondary will become a much greater school.    You know two expressions – Rome was not built in a day – and, nothing ventured, nothing gained.  Why not take up the challenge together?  Never give up! We need everyone’s understanding and hard work. Let’s change the atmosphere.
All we need is our own dedication and action.  I know we can do it.
 Please, don’t wait until someone stops speaking Japanese.
Start speaking English without hesitation – full of confidence in your ability to use the language ever more easily and smoothly.  You are the ones – you and you alone -- can make it happen at GKA.  That’s the spirit we need.     Okay, I would like to conclude my speech by wishing you the very best of luck for the rest of the first semester.  Thank you so much for listening.    







夏休み明け全校集会校長講話            2014年8月25日 

生徒の皆さんお早うございます。全校集会の場で、私の思いの一端を話します。
一カ月にわたる長期休暇が終わり、学校が再開し、前期のまとめに入ります。
体育館で皆さんと再会し嬉しい気持ちでいっぱいです。みんな、日に焼けたりして健康そのものです。
学校生活も今日から次の段階に入りますが準備はできていますか。

あと一カ月余で、9月末には前期が終了します。期末試験は間もなく始まります。
中間試験で頑張った人は引き続き頑張りましょう。そうでなかった人は7月24日の集会でも言ったとおり挽回すべく努力は惜しまないことです。挽回する気持ちは諦めないことです。
その気になって真剣に取り組めばできるはずです。

スピーチ、ライティング、普通の会話における英語使用のポリシーについて私の考えを述べます。
これはGKAの学校生活の中心をなすものであります。
先ずは実績として評価できること、それから努力や改善が必要なことを振り返ってみます。

良い点の一つは、学年問わず多くの生徒が、英語を話す習慣を身につける準備ができていることです。
校長として学校の経営はもとより、このポリシーを推進する責任があり、率先垂範で生徒及び職員に英語で話しかけることを心がけています。
皆さんが熱心に英語で応えてくれる姿に接する度に、幸せな気持ちになり、皆さんのことを誇らしく思います。事務室の職員に英語で話しかける生徒が増えています。このことは、学校全体を取り巻く環境としては歓迎すべきことであり、素晴らしい前進であります。

ここで改善したい点を述べます。実際、これは難しい挑戦であり、道のりは長く険しい。
生徒たちには英語で表現する機会が必要です。
可能ならば日本語を全く介在させないことも。女性がドレスを着る時、美しい宝石を身につけることがあります。宝石は重要な役割を果たします。宝石で服装は完全に整います。
ちょっとしたことでも、適切な語や語句をきちんと使用すれば、どんな状況下においても英語運用能力を高めることができるのです。このポリシーを推進する努力をおこなえば、それが個人的なささいなことでも、英語イマージョン教育の授業における学びを越えても、結果的に英語を話す環境を改善することにつながります。

トロント大学の中島和子教授は、二カ国語/多言語研究、イマージョン教育の専門家ですが、コミュニケーションにおける言語切り替えは自動車運転でのギア切り替えに似ていると言っています。
何をするにも、ギアを変えて滑らかに運転するように、すらすらと自然に話す必要があります。

国語や社会のような特定教科では日本語の使用は認められています。むしろ、母国語で書いたり話したりする機会を最大限活用すべきです。同時に、英語イマージョンの授業や授業以外では、出来るだけ英語を多く使用することに力を注ぐべきです。イングリッシュ・ポリーシーを重んじ遵守する理由はここにあります。
話し言葉は、コミュニケーションにおいて重要な手段であり、明確に使用されるべきです。
GKAの生徒に期待することは、英語を使用するチャンスを逃さないでこのポリシーを守ることです。
なぜならば、あなた自身の、そして将来の職業を考える上でもためになるからです。

多くの生徒、保護者の皆さんがイングリッシュ・ポリシーに関心を持っていることは承知しています。3月に開催されたランゲージ委員会では、委員の皆さんが心のこもった手紙を私宛に書いてくれました。
内容は、GKAはこのポリシーを現在よりもっと推進すべきである。また、同委員会では、教室や廊下に掲示する英語の壁新聞を発行するとも伺っています。
ポリシーを推進するポスターも生徒に描いてもらおうと、関係の先生にお願いしました。話をしている相手に英語で話すよう促すのに、ポスターを指させばよいのです。
先生方や職員にも、このポリシーをもっと意識してもらうよう働きかけます。HRは当然英語で行われるべきであり、私たちは生徒の皆さんにしっかりと英語で話しかける努力をしなくてはなりません。GKAは素晴らしい教育機関であります。
イングリッシュ・ポリシーを徹底し、しかも皆が進んで守り推進する時、授業中と授業外において効果的に実践できるようになった時、GKAは今よりもっと素晴らしい学校になっていると、強く思います。格言を二つ紹介します。①ローマは一日にしてならず。②虎穴に入らずんば虎子を得ず。
皆さん一緒にこの挑戦に取りかかりましょう。諦めてはだめです。一人一人の理解と努力が必要です。
雰囲気、環境を変えましょう。皆さんのやる気と実践が必要なのです。私たちにはできるはずです。
誰かが日本語を話すのをやめるのを待つのでなく、躊躇わずに英語を話しましょう。
皆さんには英語をすらすらと使用する力があるのですから自信をしっかり持ってください。
皆さん一人一人、あなた、あなた自身がGKAでこれを実現できるのです。
この心意気が必要なのです。

結びに、前期の残された期間が充実したものとなることを期待して話を終わります。
ご静聴ありがとう。