冬休み前全校集会校長講話 2014年12月18日
Principal’s Talk at the Assembly before Winter Holidays December 18th, 2014

2014.12.19
Good afternoon, students. On this occasion of the whole school assembly before the winter holidays, I would like to convey my very best wishes to each and every one of you.
As you all know, here at GKA we employ the semester system -- the second semester is still going on.  With the holidays about to begin, the time is perfect for talking to you before saying farewell for the last time this year.

Winter holidays run through the entire festive season, including both Christmas and New Year’s.
You will no doubt share quality time with many people, having lots of fun mingling with including family and friends, renewing old ties and forming new ones.  As you depart, I would also like to remind you to keep your best pace – to remain true to yourselves and independent of inappropriate influences on your daily lives during the winter break.  I would like all of you while away from school to be extra careful.
Please, please do not wear yourselves out in social activities – please remember to take time for reading and reflection so you will be bright, refreshed and ready to plunge back into school life when we meet again here at the school gym on January 8th.

        In the speech that I made just one year ago as the winter holidays were about to begin, I talked to all of you about the need to learn to be a good public speaker. The only ones among you who were not here on that occasion were the seventh graders, not yet in the secondary school. I introduced to you the example of Malala Yousafzai, a Pakistani girl who survived terrible injuries and this year received the Nobel peace prize. It’s truly amazing and heartening to see this 17 year-old girl receiving such a distinguished award for her messages and commitment to world peace as seen in both her words and her deeds.After learning that she had received the Nobel prize, I made a special point of listening to her speech at the United Nations general assembly.  She addressed this distinguished gathering in powerful and convincing tones. Her message had universal appeal  -- “One child, one teacher, one pen and one book can change the world,” she said. “Education is the only solution.  Education First.”  Now I would also like to cite some lines from an inaugural address by a famous American president.  He appealed to his people and world citizen with these memorable words -- “And so, my fellow Americans: ask not what your country can do for you—ask what you can do for your country.  My fellow citizens of the world: ask not what America will do for you, but what together we can do for the freedom of man.”  Do you know the name of the president who made this moving appeal?  Yes, it was John F. Kennedy, 35th president of the United States.        Another famous address I would like to cite is that of Martin Luther King, Jr. delivered on August 28th, 1963, on the steps of the Lincoln Memorial in Washington.  He is best remembered for a few sentences --“I have a dream that one day…” “I have a dream that one day this nation will rise up and live out the true meaning of its creed: ‘We hold these truths to be self-evident, that all men are created equal.’  “I have a dream that one day on the red hills of Georgia, the sons of former slaves and the sons of former slave owners will be able to sit down together at the table of brotherhood.”Those lines are the enduring legacy of Martin Luther King Jr., a Baptist minister and social activist who led the Civil Rights Movement in the United States from the mid-1950s until his assassination in 1968.          I have just referred to excerpts from three world famous speeches. Yes, the times, places, purposes and names of the speakers are different, but a common thread runs through all of them.
 They all are somehow similar. What do you think these speeches have in common?
 All of their messages share the goal of elevating the level of human understanding, of commitment and faith. They all spoke in simple, concrete terms that anyone, rich or poor, powerful or weak, will understand, and they all carried a universal message of hope. All of us, myself included, are moved as we read these words or hear them spoken again.
Fluency and beautiful accents no doubt are vital elements in speech, but still more important is the sense that the speaker has a clear and essential message that counts beyond mere words.
The day before yesterday the GKA Speech Contest was held right here in the school gym.
 I enjoyed listening to my heart’s content to all the speeches.
There was no doubt the speakers all tried their best and performed well.  
All of you will have many chances to make speeches or presentations. 
Therefore here is some advice.  
First, why not take time in preparing for every talk you give, rehearsing your words and delivery as often as possible?  
Second, be sure to include something important in your message.
 Third, practice again and again until you feel confident of all you are saying. You will still suffer from stage fright as you step before your audience, but you will overcome your nervousness as soon as you begin speaking. Remember, practice makes perfect. That advice is never more true than when you know you have to make a speech.   

 I would like to conclude my own remarks by again wishing all of you a most enjoyable and fulfilling winter holiday.  I look forward to seeing each and every one of you at the next school assembly right here on January 8th, 2015.  Thank you for your kind attention.



 生徒の皆さん今日は。冬休みを前にして、私の思いを伝えます。GKAでは二学期制を敷いているので、今はまだ後期の途中ですが、年内ではこれが最後の挨拶となります。 冬休みは、クリスマスや正月などあり楽しい時期です。きっと多くの人たちと素敵な時間を過ごし、家族や友人たちと触れ合い、旧交を温めたり、新たなきずなが生まれたりするでしょう。そんな中、自分にあったペースで過ごしてください。つまり、自分自身というものをしっかりと持ち、休暇に起因する望ましくない影響を受けないことであります。学校生活から離れるこの期間は特に慎重に過ごしてください。人と関わる中で疲れきってしまうことのないようにしましょう。読書やじっくり考える時間を確保し、1月8日にこの体育館で会う時に、元気に新鮮な気持ちで学校生活に戻れるようにしておくことです。 ちょうど一年前に行った講話で、人前で話すコツについて触れました。あの時、7年生はまだ中等部にいませんでした。酷い負傷を生き延びたパキスタン人の少女、マララ・ユサフザイさんの話をしました。
彼女は今年ノーベル平和賞を受賞しました。17歳の少女がこのような著名な賞を受賞したことは、正に驚きであり人を元気づけるものであります。彼女は自分の言葉と行動で、世界平和に対する彼女のメッセージを発信し関与したのです。 ノーベル賞受賞後、彼女が国連総会で行ったスピーチを改めて聴きました。
この名高い集まりの場で、彼女は力強く説得力のある演説をしました。万人に理解されうるメッセージを送ったのです。
「一人の子ども、一人の教師、一本のペン、そして一冊の本が世界を変えられるのです。」と彼女は言いました。「教育が唯一の解決方法、教育が第一。」 次に、ある有名な米国大統領が行った就任演説から何行か引用します。彼は国民と世界の人々に対して記憶すべき言葉で訴えました。「我がアメリカ国民の皆さん、国に何かをしてくれと頼むのでなく、あなたが国のために何ができるかを考えてください。世界中の皆さん、アメリカが皆さんのために何かをしてくれと頼むのでなく、人類の自由のために共に何ができるかを考えましょう。」この人の心を動かすアピールをした大統領の名前が分かりますか。そうです。合衆国第35代大統領、ジョンFケネディー氏です。

 もう一つ有名な演説を紹介します。ワシントンにあるリンカーンメモリアル(エイブラハム・リンカーンにささげられた大理石の記念堂)の上がり段で、1963年8月28日にマーティン・ルーサー・キング牧師が行った演説です。次の数行が一番良く知られています。「私には夢があります。いつの日か・・・」「私の夢は、この国がいつの日か、立ち上がり、国の信条の真の意味を実行することです。つまり、すべての人は平等に造られている、ということはまぎれもない真実であることです。ジョージア州の赤土色の丘で、『かつての奴隷の息子たち』と『かつての奴隷の所有者の息子たち』が兄弟としてテーブルに着く日が来ることを夢みているのです。」 このくだりは、バプティスト派牧師で社会活動家の同牧師が残した不朽の言葉であります。彼は合衆国において1950年代から起こった公民権運動の先頭に立ち、1968年に暗殺されました。 世界的に有名なスピーチを3つ引用しました。時間、場所、目的そして演説者の名前は異なりますが、これらに通じる共通のものがあります。どこか類似しているのです。どういった点でしょう。
どのスピーチも、人間理解、人との関わり合い、信条、こういったもののレベルを引き上げるという目的を有しているのです。3人とも、単純で具体的な言葉を使っています。富める者も貧しい者も、力のある人も弱い人も理解できる話をしています。そして、希望という普遍的なメッセージを発信しているのです。
私自身も含めて、誰もがその言葉を読んだり聞いたりして感動するのです。流暢さや美しい発音はスピーチでは確かに大事な要素ですが、もっと大切なことは、話し手が単に言葉の域を越えて、明確で本質的なメッセージを有しているかどうかです。 一昨日GKAではスピーチコンテストがこの体育館で開催されました。すべてのスピーチを心行くまで楽しませてもらいました。どのスピーカーも最善を尽くし頑張りました。生徒の皆さんはこれからもスピーチしたりプレゼンテーションしたり機会が沢山あります。ここで、少しアドバイスをします。先ず、準備には十分時間をかけることです。
何度も原稿を読み込んだり、話し方を練習するのです。第二に、重要なメッセージを盛り込むことです。
第三に、何度も練習をして、話す内容について自信を持つことです。それでも、聴衆の前に立つと、あがってしまうものです。しかし、一旦話始めるとその緊張は克服できます。習うより慣れろ、です。
このことは、スピーチをしなくてはならないという時ほど当てはまります。

 以上、生徒の皆さんにとって、冬休みがとても楽しく充実したものとなるよう期待して話を終えます。

2015年1月8日に行われる全校集会で皆さんに会えることを楽しみにしています。
静聴ありがとうございました。