中高等部 - 2015年 夏休み前全校集会校長講話
Secondary - Principal’s Talk at School Assembly July24th, 2015

2015.07.31
Principal’s Speech, School Assembly                    July 24th, 2015

Good afternoon, students. On this important occasion of an assembly of the entire school, I would like to convey some special messages to you as summer vacation begins.  
We have finally reached this exact day before the long-awaited summer holidays.

Many of you may have already planned what to do during the long holiday period.  
 I hope that you will make the best use of your long time off from school and enjoy every minute of it. Remember, the more freedom you get, the tougher you may find it to be independent when it comes to managing your time.

Time passes so quickly! Amazingly, 109 days have gone by since April 6th.
Most of you may agree that one of the highlights during this period was the GKA’s Cultural Festival nearly four weeks ago -- on June 27th.
I was able to observe you feeling the passion of your achievements while sharing great joy with your classmates and friends.  
Many people who visited the festival  highly appreciated the quality of the entire event.
Besides placing great importance on daily lessons, students need to develop inwardly and grow through activities such as the cultural festival.     

The other day all 10th grade students kindly wrote sincere letters to me reflecting on the festival -- and indicating points for improvement for the next such occasion.
It took me one and a half hours to read through all the letters written during the ELA class.
The letters warmed my heart. I was so pleased by all the students’ energy and commitment to this great school event.  Many of you may have had the experience of working as volunteers -- offering to help on something without expecting any reward in return.
We need a certain amount of time, interest and motivation, willingness and enthusiasm, and a sense of commitment in volunteer activities.
In the process, we are able to meet many new people and communicate with them, broaden our horizons, and even acquire new skills.  
Yes, of course, I should not forget to point out the sense of personal fulfillment -- perhaps the greatest reward.I know that many GKA Secondary students are interested and engaged in volunteering for activities.  Many of you participated in the Summer Festival at the Elementary School as volunteers under the SHIP members’ initiative.  
One marvelous idea that some twelfth-grade  students had was for washing shoes that their one-time owners had abandoned.  Thanks to their efforts, these shoes were clean, restored and ready for donation to some school or organization. I can definitely say that this type of activity brings happiness not just to the people who benefit from the service.
 Those responsible for such an act of goodwill and charity derive a great sense of personal fulfillment.

Okay, here goes my special message for each grade.
Twelfth graders, when you are pressured by time and deadlines, take a deep breath and focus on finishing whatever you're doing.  
Remember the sayings, “Make haste slowly.” or “Slow but steady wins the race.”  Eleventh graders, find the courage to do whatever you have in mind so you won’t regret not having done what you set out to do. Maintain the spirit of rising to the challenge.
Tenth graders, besides doing your homework, broaden your horizons by pursuing an interest in all that's happening around you.  This approach may be perfect, for instance, for producing documentary films.  Ninth graders, think about how you will conclude life in junior high school. Eighth graders, get ready to engage very soon in extra-curricular activities as responsible members of your class. Seventh graders, you have to become accustomed to junior high school life.  Have confidence and try your best.   

Before concluding, let me say that whatever you are doing, your health and safety during this long vacation are most important.  I do hope that all of you will be back on August 24th, and I look forward to seeing you right here in the school gym, eager, bright and shining, just as you are today.Thank you so much for listening – and have a wonderful vacation.

 

夏休み前全校集会校長講話          2015年7月24日

 皆さん、今日は。夏休みがいよいよ始まりますが、大事な全校集会で特別な思いを述べます。長い休暇の間に何をするのか計画をすでに立てた人もいるでしょう。
学校生活から離れるのですから、長い期間を効果的に過ごし、一刻一刻を楽しんでください。時間の管理をする上では、より多くの自由を与えられると、しっかりとした自分がより強く求められます。

 時間の経つのは早いもので、4月6日からすでに109日が経過しました。この間、一番のハイライトは6月27日に行われた文化祭でしょう。私は、皆さんが熱い思いで文化祭に取り組んだこと、仲間たちと大きな喜びを共有している様子を見て取ることできました。
GKAを訪ねてくださった方々からは文化祭全体の質の高さを評価していただきました。日々の学習はもちろん大事でありますが、生徒の皆さんは、文化祭のような活動を通して成長する必要があると考えます。

 過日、10年生が全員文化祭を振り返り、次回に向けた改善点を含む手紙を私宛に書いてくれました。手紙はELAの授業で書いたもので、すべてに目を通すのに1時間半程かかりました。
読みながら、心が温かくなり、大きな学校行事にかける生徒の勢いを嬉しく思いました。 生徒の多くはボランティアとして働いた経験があるでしょう。
何かの手伝いを申し出でて、その見返りを期待しない仕事です。一定の時間、興味や動機づけ、自発性と情熱、ボランティア活動にかかわる意識が必要になります。活動の過程で、多くの新しい人々に出会い、交流したり視野を広げたり、更には新たなスキルを身につけることもできます。忘れていけないのは、一人一人が実感する達成感、これが一番の褒美かも知れません。

 GKA中高等部にはボランティア活動に興味を持ったり、実際に実践している生徒が結構います。
初等部で行われたサマーフェスティバルで、SHIP役員の皆様のご指導のもと、ボランティアとして参加した人が多くいます。12年生の数名の生徒が素晴らしい考えを思いつきました。
それは、一度は持ち主のいた靴で棄てられたものを洗う作業です。

生徒たちの努力で靴は奇麗になり、元どおりになり、どこかの学校や団体に寄贈されるまでになりました。ここで言えることは、この種の活動は奉仕活動の恩恵を受ける人たちだけを幸せな気持ちにするのではないということです。善意や慈善行為を行う人々は、行為を通して達成感というものを実感できるのです。

 では、各学年毎に私からのメッセージを述べます。12年生の皆さんは、時間と締め切りにプレッシャーを感じた時には、深呼吸をして、今取り組んでいるものが何であれ、先ずは完了することに専念しましょう。次のような格言を思い出してください。
「ゆっくり急げ」或いは「ゆっくりと着実なのが結局はレースに勝つ」11年生の皆さんは、何でもやってみようと考えたことは勇気を持ってやってみましょう。そうすれば、やろうと思ったけどやれなかったと後悔することは無くなります。挑戦する気持ちを持ち続けてください。
10年生の皆さんは、宿題をするだけでなく、自分のまわりで起こっていることに興味を持ち続けることで自分の視野を広げましょう。そうすることで、例えば取り組んでいるドキュメンタリー映画制作の完成度も高くなるでしょう。9年生の皆さんは、中等部での学校生活をどう締めくくるのか考えてください。8年生の皆さんは、部活動において今度は信頼される立場になります。その心構えを持ってください。7年生の皆さんは、中等部の学校生活にも慣れたことでしょう。
自信を持って頑張ってください。

 結びに、長い休暇中、生徒の皆さんには、何をしていても、健康と安全が一番大切であります。8月24日に全員が学校に戻ってくることを願っています。この体育館で今日と同じように、皆さんが元気で目を輝かせている姿に接することを楽しみにしています。

 静聴ありがとう。最高の休暇を過ごしてください。