後期始業式校長講話
Second-Semester Opening Ceremony Speech October 5th, 2016

2016.10.14

Second-semester Opening Ceremony Speech October 5th, 2016

Good morning students. Welcome back to school after the four-day autumn break. Do you feel refreshed and ready for the second semester?
  Twelfth graders, I want you to make the most of each day, and enjoy all the remaining moments you have left at this school. IB course students, please do try to do your best in the final exams coming up in November.
  Eleventh graders, in several months you will be the next leaders of the school. Try your hardest to set an example for the other students.
    Tenth graders, you will visit North America on a school trip to San Diego. I want you to discover with your own eyes, a new culture and a society that's quite different to our own. The whole experience will be of great benefit to you.
  Ninth graders, I want you to conclude your school life at the junior high in the most fulfilling way possible. I fully expect that you will be highly successful in your job experiences in November.
Eighth graders, you will have a school trip to Kyoto and Nara which will include a visit to the famous statue of Buddha at Todaiji Temple. I want you to depend on your own intuition as you gaze on the ancient statues and structures. At that moment, your inner sense will be your best guide.
  Seventh graders, no one will now dispute the fact that you are GKA secondary students, through and through. Learn to meet new challenges and explore the world around you. Approach it with a fresh curiosity.
  I am thrilled to be able to say that a good number of students at GKA have excellent reading habits. However, it is not enough just to read. On the contrary, I would like to emphasize the importance of reading in relation to critical thinking. Your reading habits will enable you to obtain new skills in this area. Reading books is an absolute must if you wish to sharpen your critical thinking skills. The employment of these skills will prevent you from relying on preconceptions that may not be valid. Autumn is a great time to read books. Please bear this in mind.
    Now I must return to a message that you’ve heard before but that needs to be constantly repeated. We must not, should not, and cannot tolerate bullying at GKA. Please pay attention to the saying, “Do not do to others what would upset you if done to you.”  Or, in other words, “Do unto others as you would have them do unto you.” Bullying in any form can never be justified. If it ever happens, you must let us know about it. Never feel that you are alone. Every student has the right to be happy, and to be confident of his or her individual value as a citizen and member of the GKA community. I will be delighted if you show your appreciation for my message by carrying this out in your daily behavior. In each homeroom the GKA Secondary Anti-Bullying Policy is on the wall, and I would like each student to take a careful look at each line and appreciate the meaning of the policy. Let’s create an environment where there is NO bullying. All of you must make every effort to bring this about. Yes, you can do it.
My simple and sincere advice is that all students at GKA Secondary should lead lives that are fulfilling in every way during the second half of the school year 2016. In order to achieve this goal, you will need above all to concentrate on your daily lessons, as well as your extra-curricular activities. Good luck to each and every one of you! 
Thank you so much for your kind attention.

2016年後期始業式校長講話            2016年10月5日
 おはようございます。4日間の秋休みが終わり学校が始まりました。新鮮な気持ちで後期に向けた準備はできていますか。
 12年生は、毎日を大切にして本校で残された時間をしっかりと過ごしてください。
IBコースの生徒は、11月に行われる最終試験でベストを尽くしましょう。
 11年生は、あと何カ月かで学校における次なるリーダーとなります。他の生徒たちに対して、よき手本となるように努力してください。
 10年生は、北米研修でサンディエゴに行くことになっています。日本とはまったく違う新しい文化と社会を自分自身の目で見てきましょう。この研修全体が皆さんにとって今後大きな恩恵となるでしょう。
 9年生は、中等部における学校生活を可能な限り充実させて締め括ってください。11月に予定されている職場体験が成功裏に実施できるよう期待しています。
 8年生は、京都・奈良方面への研修旅行があります。奈良東大寺では、有名な大仏を参拝します。古代の仏像や建造物をじっと見つめる時は、自分自身の直観力を頼りにしてみてください。自分の内なる感覚が一番の案内人になるからです。
 7年生は、既にどこから見ても歴とした中等部生であると誰もが認めています。新たな挑戦をし、まわりの世界を探検してみましょう。それには、新鮮な興味が必要です。
 GKAには、読書好きの生徒がかなりいることは素晴らしいことです。しかし、単に本を読むだけでは十分ではありません。むしろ、クリティカルシンキングを意識して読書することが大事です。現在の読書の習慣があれば、新たなスキルを身に付けることは可能です。クリティカルシンキングのスキルを鋭敏にするには、読書は欠かせません。このスキルを身に付ければ、先入観という不確実な根拠に頼らなくて済むようになります。秋は本を読むのに絶好の時です。このことを胸に留めておいてください。
 では、もうひとつ大切な話をします。以前にも話ましたが繰り返し話します。皆さんはは「いじめ」を許容すべきでないしもちろんしてはいけません。次のことばに注目してください。「自分がされて嫌なことは、他の人に対してしてはならない。」或いは別の表現で言えば、「己の欲する所を人に施せ」です。いかなる形であれ「いじめ」は決して正当化されないのです。万が一発生したら、そのことを私たちに知らせてください。自分が孤独であるなどと決して思ってはなりません。すべての生徒は、GKAというコミュニティの一員として幸せになり、個人として大事にされる権利があるのです。生徒の皆さんが、このことを日々の行動の中で実行に移すことによって、私のメッセージに対する理解を示してくれることを切に願っています。各学級には、本校の定めた「いじめ防止ポリシー」が掲示されています。一人一人の生徒は、ポリシーの一行一行に注意深く目を通してください。「いじめ」が無い環境を創造しましょう。皆で力を合わせて実現しなくてはなりません。そうです。皆さんなら、必ず出来ます。
 これから2016年度後期となりますが、生徒の皆さんには多岐にわたり充実した生活を送ってくれることを願っています。そのためには、日々の学習に集中し部活動にも専念することです。さあ、がんばりましょう。清聴ありがとう。