中高等部 - GKAラウンドトーク (キャリア教育)
Secondary - GKA Round Talk (Career Education)

2017.12.11
  本校では、毎年(生徒の)進路委員会が中心となって「GKAラウンドトーク」を開催しています。11年生が語り手となって、自分の過去の経験や将来への想いなどについて後輩に語ることで、本校の学校生活の意義や将来のキャリア形成に役立てる取り組みを行っています。一部の生徒だけが代表で語るのではなく、11年生全員一人一人が、これまでの人生を振り返り、失敗や挫折を含めて、後輩に伝えたいメッセージを探しました。

  昨年度までの「GKAラウンドトーク」の課題として、「自分には後輩に語れるようなすごい経験は何も無い」と、過去の自分を肯定的に捉えることのできない生徒も少なからずいた点が挙げられます。無価値な経験なんて無い、全ての人が同じだけの価値を持つ。そんなことを先ずは11年生に感じてもらうため、今年から新たに認定NPO法人「DNA」と連携し、 キャリア教育プログラム「未来の教室」を11年生の事前学習の一環として行いました。11年生たちは少し年上の大学生の先輩たちから話を聞き、自分の意見を述べることによって、今まで否定的に捉えていた自分の側面を見つめ直し、自分たちの将来や日常への行動のきっかけを見つけてもらえたようです。 ラウンドトーク当日は、手作りの紙芝居を使いながら、11年生全員が後輩に語りかける、後輩達は真剣な眼差しで自分たちの疑問や不安をぶつけていました。

  今回のラウンドトークでは、7,8年生と9,10年は異なる活動を行いました。7,8年生は、将来の働き方をボードゲームで体験しました。ゲームそのものは「株式会社ライセンスアカデミー」から使用許可を頂いたものですが、進路委員会の生徒たちがそれを全て英訳してボードゲームを作り直し、司会進行を全て英語で行いました。 
 なお、「未来の教室」にかかる開催費用は、SHIPよりご協力を賜りました。企画主旨をご理解頂き、多大なご支援を頂いたことを改めて御礼申し上げます。

Every year, the GKA Career Committee sponsors the “GKA Round Talk”. At this event, Grade 11 students speak to younger students about their experiences and visions for the future. It is our hope that this experience encourages our younger students to look for significance in their daily school life and begin to think about their future. Rather than only one student leading the discussion, all 11th grade students are given the opportunity to talk openly about their successes and failures.   
  Last year, some 11th grade students did not appear confident and felt that they had nothing important to say. However, everyone’s experiences hold value to be shared with others.  To help students understand this, we incorporated help from “DNA” (an NPO specializing in career education). Their program, “Future Classroom”, gave our Grade 11 students a chance to meet and talk with college students who shared their own opinions. This helped our students reconsider negative aspects of their own lives and actions for the future.
On the day of our “Round Talk” event, all of our 11th graders were speaking to younger students using handmade picture story shows while answering serious questions and worries from the younger students about their lives. Grade 7, 8, and 9, 10 had different activities. Grade 7 and 8 students played a board game to learn about job experience. The board game itself is licensed by License Academy Inc., but the career committee members translated all the games and presented them all in English.
         The cost to invite the program “Future Classroom” was supported by SHIP. We would like to express our sincere appreciation for the understandings and numerous support for this program.
img1 img2
ワークショップの説明
Explaining about the workshop
英語版人生ゲームをする7、8年生
Grade 7 and 8 students playing English The Game of Life
img3
自作の紙芝居を使って後輩に語りかける11年生
Grade 11 student talking to younger students using her original picture story show