後期終業式校長講話 2018年3月23日
Principal's Speech, Second Semester-End Ceremony, March 23, 2018

2018.05.01

Second Semester-end Ceremony, Principal’s Speech 
 March 23, 2018
Good afternoon, dear students. On this occasion of the whole school assembly, I would like to say a few words to all of you. Everyone here has grown and matured since the 2017 academic year began one year ago. Whether you know it or not, I can tell that you’ve developed a lot, both physically and mentally.
I would like each of you to reflect on how you have spent the last twelve months.  Why don’t you examine what you have done so far, before taking the next step forward into the new academic year? It is worth looking back on yourselves in order to form a perspective for your future before you advance to the next stage in your school life.
Reviewing the academic year 2017, we have many fond memories that deserve cherishing. On March 2nd, we held our fifth graduation ceremony in a way that was dignified, warm-hearted, and touching. The school festival, held last September 23rd, was a terrific success thanks to your great effort and energetic attitude. I was really amazed at the earnest commitment and energy that all of you put into this wonderful event.
Today, I would like to introduce an inspiring phrase by a French novelist, Antoine de Saint-Exupery, author of the ‘Little Prince.’ He once said, “A goal without a plan is just a wish.” This phrase implies that you need to have a concrete idea if you really want to make your dreams come true. Please, not pursue vague or ambiguous ideas. Be specific!
In the field of business, they have what we call the PDCA Cycle or Plan-Do-Check-Act Cycle. That’s an interactive four-step management method for the control and continual improvement of processes and products. I wonder if you can apply this PDCA Cycle for managing your lives. You need careful observation and reflection on your daily life and dreams. The key to success depends on your skill in reflection and critical thinking. Plan-Do-Check-Act. When you plan, you must avoid any ambiguous ideas. All you need are concrete and specific actions in designing your own future.  
I would like to conclude by expressing my full confidence that you will make every effort to continually develop all your possibilities in the coming academic year. Good luck to each and every one of you. Have a pleasant spring vacation. While relaxing and enjoying yourselves, look forward to returning to school and again seeing your friends and teachers for a fresh start for the new academic year. This concludes my speech. Thank you for your kind attention.


後期終業式校長講話               2018年3月23日
皆さん、こんにちは。全校生徒が集まるこの場で、思いの一端を述べます。2017年度が一年前にスタートしてから、一人一人の生徒が身体的にも精神的にも成長しました。皆さんは自分では気づいていないかも知れませんが、私にはその成長が見てとれます。
皆さんには、この12ヶ月間をどのように過ごしてきたのかを振り返ってみてください。新年度の次なる段階に入る前に、今まで実践してきたことをじっくり考えるのです。自分自身を振り返ることは大事なことです。学校生活の次の段階に進む前に、自分の将来に向けての見通しを展望することにつながるからです。 
2017年度を振り返ると、私たちには大事にしたい良い思い出ができました。去る3月2日には、厳粛かつ感動的で心温まる雰囲気の中、第5回卒業証書授与式が挙行されました。昨年9月23日には、文化祭が開催されましたが、生徒の皆さんの多大な努力とエネルギッシュな姿勢により大成功となりました。生徒の皆さんの文化祭にかける真摯に取り組む態度や活力には目を見張るものがありました。
今日は、『星の王子様』の著作で知られるフランスの小説家、アントワーヌ・デ・サン・テグジュペリの言葉で人を鼓舞してくれるものを紹介します。彼はかつて言いました。「計画の無い目標はただの願い事に過ぎない。」この言葉が意味していることは、夢を本当に実現したいのなら、具体的な考えを持たなくてはならない、ということです。
ビジネスの分野では、PDCAサイクルと言われるものがあります。これは、工程や製品の管理、継続的改善の目的で、相互作用を伴いながら4段階で進める経営方法です。このPDCAサイクルは、皆さんの生活にも応用できるのではないかと思います。但し、日常生活や自分の夢を慎重に観察したり熟慮したりしなければなりません。成功する鍵は、振り返りとクリティカルシンキングのスキルにかかっています。『Plan-Do-Check-Act』の実践に当たっては、あいまいな考えは避けなくてはなりません。自分自身の未来を構想するのに、必要なものは具体的で特別な行動です。
結びに、生徒の皆さんは努力を継続することにより、新年度においても自分の可能性を伸長させることを強く願っています。一人一人の生徒の皆さん、頑張りましょう。楽しい春休みを過ごしてください。しばしの間、のんびりしたり楽しく過ごしていると、学校が始まるのと友達たちと再会するのが待ち遠しくなります。そして、新鮮な気持ちで新年度のスタートをきるのです。清聴ありがとう。