中等部始業式校長講話 2018年4月6日
Principal's Address at Junior High First Semester Opening Day Ceremony April 6, 2018

2018.05.09

GKA中等部 1学期始業式式辞 2018.4.6
Good morning, students of all grades at GKA Junior High School. The new academic year, 2018, has begun.
First of all, let me introduce myself briefly. My name is Hiroyuki Kaneko. I was given the role as Principal of GKA Secondary School on April the Second.    
I have known Ms.Yoshida, the former principal, very well.  We had worked together at the same prefectural senior high school when we were in our twenties.
And I really appreciate what she has done for the past five years. And I have decided to succeed her Vision as Principal. 
Now, 7th-grade students, welcome to the GKA Secondary campus. 8th and 9th graders, welcome back to school and congratulations on your promotion to the next grade.
Especially for 7th graders, the Uchigashima Campus is a new place to study.  I think that a new environment has two meanings for us. If we have an attitude for trying to change ourselves for the better, a new environment can be full of things to stimulate our brains.  When we try to adjust ourselves to a new environment, we are naturally led to a higher level of thinking and a better way of living.  But if we have an attitude for trying to avoid changing ourselves and to do only what we can do easily, a new environment will be a big burden for us.
   In other words, the meaning of a new environment depends on what kind of attitude we have.  I really hope each one of you has an attitude of always trying to improve yourself.  The Uchigashima campus is full of new things for you as well as for me. 
All the teachers and staff members and 8th and 9th graders will warmly welcome the 7th graders and will be ready to support you in any way we can.
Finally I would like to finish my speech by saying that I would really like all of you to enjoy changing yourselves for the better at GKA Secondary School in order to realize your own dreams.
Thank you for your good attention.


GKA中等部 1学期始業式式辞 2018.4.6 
ぐんま国際アカデミー中等部のみなさん、おはようございます。2018年の新たな学年がはじまりました。
まず、最初に私の自己紹介を簡単にさせていただきます。私の名前は金子弘幸と申します。私は4月2日にぐんま国際アカデミー中・高等部の校長職を拝命しました。私は、前任の吉田校長先生をよく存じ上げています。私たちは二十代の頃、同じ県立高校に勤務していました。私は、吉田校長先生がこの5年間にされてきた業績に心から敬意を表したいと思っています。ですから吉田校長先生の校長としてのビジョンをそのまま受け継ぐ決意をしました。
さて、7年生のみなさん、中等部への入学、おめでとうございます。8年生、9年生のみなさん、進級、おめでとうございます。
特に、7年生のみなさんにとりましては、内ヶ島キャンパスは新たな学び舎になります。私は、新しい環境には二つの意味があると思っています。もし、私たちが向上心をもって自分自身を変えようとする生き方を持っているならば、新しい環境は私たちの脳を活性化する刺激に満ちていることになるでしょう。私たちは、新しい環境に自分を適応させようとするとき、よりレベルの高い思考や生活に自然に導かれてゆくでしょう。しかし、もし私たちが自分を変えようとせず、簡単にできることだけをしようとする生き方をしているならば、新しい環境は重荷になってしまうでしょう。言い換えれば、新しい環境がどのような意味を持つかということは、私たちがどのような生き方をしているかにかかわっているのです。
私は、みなさん一人ひとりがいつも自分を向上させる生き方をしてほしいと思います。内ヶ島キャンパスは新しいことで満ちています。みなさんにとっても、そして私にとってもです。
先生方・職員は皆、そして8年生、9年生も皆、7年生を温かく迎えてくれるでしょう。そして、どのようなことでもみなさんを助けてくれるでしょう。
結びに、本校で、それぞれの夢を実現させるために、自分自身を向上させること楽しむ生き方をしてほしい、という私の願いをお伝えして、式辞といたします。
ご清聴、ありがとうございました。