前期終業式校長講話 2018年9月28日
Principal's Address at Secondary School First Semester Closing Ceremony September, 28th, 2018

2018.09.28
       Good afternoon, everyone. Half of this academic year has passed. We had various school events during the 1st semester. I think all of them went smoothly with close cooperation of teachers and students. Especially, at the Sports festival, the student council members well organized the large school event, finishing it successfully.  I wish to show my appreciation to student council members and all the students as well for carrying out volunteer actions throughout the event. I’m so glad to know that most of the GKA students have volunteer spirits.
       By the way, in my last speech, I said one of the three main reasons why I think volunteer spirit is important.  Let me tell you another reason today. What I want to share with you is about the definition of happiness and joy. 
       As for me, happiness is different from joy.  Simply speaking, joy is what I can experience by myself just like hobbies.  Besides that, conversation is fun. Learning is fun. Improving myself is also fun.  All of these are things that are brought about from my own positive actions.
But happiness is what I can’t experience by myself.  For example everyone feels happy when he or she is given a birthday present from someone.  But when you ask someone to give you a birthday present, and you are actually given a present you wanted by the person you asked to do so, maybe you won't feel so happy.  Because it is not from the person's will but from your own will.
       Even if you ask someone to be kind to you, and the person gives you kind words, you won't feel happy either.  I'm sure asking what someone should do is not what really makes me happy.
       Happiness is always what comes to me from people around me unexpectedly.   Not only kind behavior and words but just a smile or a friendly greeting, that is when I feel happy.  All of these are unexpected things.  So in a sense, as for me, all the people around me  are the sources of my happiness.  It is natural for me to think that I want to give something back to people around me. That is why I think that a volunteer spirit is important.
       From tomorrow you will have relatively longer autumn holiday. I would like you to make the best use of it. Thank you for your listening.  Make someone happy.



 こんにちは。学年の半年が過ぎました。前期の期間中にはたくさんの学校行事がありました。その全てが先生方と生徒諸君の協力のもとに、円滑に運営されたと思います。特に、体育祭では生徒会の皆さんが統制のとれた運営をされて、成功裏に終了できましたことは、称賛に値します。また、生徒会を中心に生徒全員が体育祭全般にわたり、自主的に動いてくれましたので、本校の生徒諸君は奉仕精神が醸成されていると感じ、うれしく思いました。
 さて、前回の話のなかで、私は奉仕精神が大切と思う主な理由の一つをお話ししましたが、今日はもう一つの理由をお話ししたいと思います。それは「幸せ」と「楽しみ」の定義に関してです。
 私にとっては、この二つは別のものと認識しています。簡単に言いますと、「楽しみ」とは自分自身で生み出すものです。例えば、趣味のようなものですが、それ以外にも、人と話をすること、何かを学ぶこと、そして自分自身を向上させることなどは私の楽しみです。これらのものは全て私自身の主体的な活動から生み出されるものです。しかし、「幸せ」は私自身が作りだせるものではないと思っています。一例をあげますと、誰でも誕生日にプレゼントをもらえばうれしいし、幸せを感じるでしょう。でも、もし、皆さんが誰かに誕生日にプレゼントをくださいとお願いをして、実際にその人から望んだものをもらっても、あまりうれしくはないでしょう。なぜなら、心がこもっていないからです。たとえ誰かに親切にしてほしいとお願いをして、その人から優しい言葉をかけられても、真心がこもっていない言葉に幸せを感じないでしょう。誰かに何かを強制しても、それは本当に私を幸せな気持ちにしてくれるものではないと思います。
 私にとって「幸せ」とは、周りの人から求めずして与えられるものなのです。優しい行為や言葉だけでなく、微笑みやあいさつは私にとって幸せを感じる瞬間であり、それらは全て求めずして周りの人からいただくものです。ですから、ある意味では私の周りの全ての人々が私の幸せの源ということになります。私が、周りの人に何かできることをさせていただきたいと思うのは自然なことでしょう。ですから私は奉仕精神が大切と思うのです。
 明日から比較的長い秋休みが始まります。充実した休みにしてほしいと思います。ご清聴ありがとうございます。