後期始業式校長講話 2018年10月9日
Principal's Address at Secondary School Second Semester Opening Ceremony October, 9th, 2018

2018.10.09
     Good morning, everyone. I don’t want to force you to listen to me carefully. Instead it is far more preferable for you to listen willingly.
      I know your way of listening to my speech is with respect. But you have a choice.  You choose which words or sentences you pay attention to. Some of you may choose to focus on listening to my speech and trying to catch the meaning of what I want to tell you. But some others may choose to think about things that have no connection to my speech. The same thing can be said about the lessons you have. What you learn in the lessons depends on what you choose during each lesson. In fact, all of you are always choosing what to do, what to think, what to imagine, at every moment, consciously or unconsciously. What you choose makes your life. Life is a series of choices.
     For 12th grade students, this is your last semester at GKA. You are required to make important decisions for your future. Please choose whatever is worthwhile for you. And for everyone else, please choose what makes you change for the better at every moment. Thank you for your listening.

 皆さん、おはようございます。私は皆さんに私の話を真剣に聞くようにと強要したくありません。ただ、皆さんにとっては自らの意思で聞く方が遥かに好ましいでしょう。
 皆さんが私の話をよく聞いてくれているのはわかっていますが、皆さんは選んで聞いています。私の話のどの部分に注目するかを皆さんは選んでいます。ある人は、一生懸命聞いて、私が伝えたいことを真剣につかもうとしています。またある人は、私の話とは関係のないことを考えているかもしれません。同じことが授業を受ける態度にも言えます。皆さんが授業で何を学ぶかは、皆さんが授業中の何に注目するかにかかっています。誰でも、いつでも、選んでいます。何をするか、何を考えるか、何を想像するか、生きている全ての瞬間においてです。それは意識的に選ぶ時もありますし、無意識に選ぶ時もあります。いずれにせよ、皆さんが選ぶものが、皆さんの人生になってゆきます。人生は選択の連続ですから。
 12年生の皆さん、GKAの最後の学期になりましたね。将来のための重要な選択を迫られるでしょう。どうか、価値ある選択をしてください。そして下級生の皆さん、いつでも自分を高められるような選択をしてほしいと願っています。ご清聴ありがとうございました。