冬休み明け全校集会校長講話 2019年1月8日
Principal's Address at Secondary School Assembly After Winter Break January 8th, 2019

2019.01.15
       Good morning you all! A new year has begun. The best time for new beginnings is now.
   Last year, I received a lot of wonderful news about our students’ success in their activities. I am proud to share with them the joy and pride of achieving their goals.
        Our life is so meaningful. Sometimes it is frustrating when we are not told of the meaning of the things that we experience. But, I still believe that every event in our life has meaning. Everything has a reason.
   So no matter what situation you are given, I advise you to accept it whole-heartedly. The best things in life encourage you to move forward and reach your goals. Bad things are lessons. You learn from it. You improve your skills, tolerance, and thinking ability by overcoming mistakes and suggesting you to stop and reflect on it.
    I wish 2019 to be a year for everyone to live more actively and brilliantly. Thank you for listening, and Happy New Year!!!
 おはようございます。新しい年が始まりました。一年の計は元旦にありと言われます。
 昨年は生徒の皆さんの素晴らしい活動の報告をたくさん受けました。そして私もそれぞれの目標を達成した皆さんと喜びを共有させていただくことができました。
 私たちの人生の一つひとつの出来事には意味があるはずですが、その意味が私たちには時として理解できないので迷うことがあるかもしれません。しかし人生は確かに意味をもっていると私は信じています。
 ですからたとえどのような状況が与えられても、皆さんは与えられたことをまず受け止める生き方をしてほしいと願っています。よいことがあれば皆さんの生き方を応援してくれる力として感謝し、悪いことがあれば試練と思い、自分を強くしてくれる訓練ととらえるか、または立ち止まって自分自身を振り返ってみる機会としてとらえることです。
 2019年がみなさん一人ひとりにとりまして、さらに生き生きと輝いて生きる一年になりますよう祈っています。ご清聴ありがとうございました。