高等部始業式校長講話 2019年4月8日
Principal's Speech at Senior High Opening Ceremony April 8th, 2019

2019.04.09
       Good afternoon, everyone. Today is a start of the new academic year. And today, a new chapter of your school life has begun.
       Like a book, it has its own introduction. To the 10th graders, you have just opened a book of your life where all exciting things will happen. For this, I am giving you a warm welcome to Senior High school. To the rest of the senior high school students, I think most of you have changed from passive to active learners.
       I would like to make sure at the beginning of this academic year that school is a place to study. The school is where you will continue to gain more knowledge and experience. This means that the school will not lead you straight to the last page of the book without going through every wonderful and significant chapters of it. You are required to make an effort. You have to digest the message and information in every single page of the book.
       The education at GKA, like the chapters of the book, leads you to a much higher quality of education than any other school which I can think of. You will be able to move forward to the place where you want to be. 
       In high school, GKA has two types of educational system, IB course and Domestic course. I would like you to bear it in your mind that those two courses are different in how to implement IB education, but the same IB educational philosophy, the core of it is  an authentic educational method, active learning. Don’t make a limit in improving yourself in whatever challenge comes.
       To conclude my speech, I hope that all of you will enjoy the upgraded learning and interesting events in school. Thank you for listening. 
 みなさん、こんにちは。今日は新学期のスタートです。学校生活の新たな1ページが始まりました。
 一冊の本と同じように、みなさんの新しい生活にも導入があります。10年生の皆さんは新しいGKAでの生活の1ページを開きました。多くの感動がみなさんを迎えることでしょう。GKA高等部への進級、おめでとうございます。
 上級生のみなさんは、すでに受動的な学習者から主体的な学習者へと成長していることでしょう。
 新学期に始めにあたり、学校は学ぶ場所であることを確認したいと思います。学校は知識を得て、経験を積む場所です。このことは皆さんが途中を飛ばして本の最終章へ行くことはできない、途中の素晴らしい、そして意味深い各章を飛ばすわけにはいかないことを意味しています。つまり、皆さんは努力をし、各章の各ページに込められた意味を一つ一つ読みとり、自分のものにしなくてはならないのです。
 本校の教育は、その本のように、皆さんを高いレベルに段々と導いてくでしょう。私は自信をもって、私が知る限り、どの学校よりも優れた教育環境を本校は与えてくれると言えます。皆さんは必ず、それぞれが目標とするレベルに到達できるでしょう。
 GKA高等部には、IBコースと国内コートという二つのカリキュラムがあります。私がここで確認しておきたいことは、この二つのコースはIB教育の実施方法は異なっていますが、IB教育の基本理念は同じだということです。つまり、IB教育の核心の部分、アクティブラーニング理論は同じなのです。皆さんは主体的に学習し、何にでも挑戦し、自分の限界を決めつけず、成長してほしいと願っています。
 最後に、皆さんにとりまして、この1年が1ランク上の学習と素晴らしい学校行事を楽しむ1年となりますことを祈念して、式辞といたします。ご清聴、ありがとうございました。