夏休み前全校集会校長講話 2019年7月24日
Principal's Address at the School Assembly Before the Summer Break July, 24th, 2019

2019.07.24
       Good afternoon, everyone. The long-awaited summer vacation starts tomorrow. I hope you’ll have a fruitful and meaningful time during the coming summer holiday to help you become the best version of yourself. 
       When I participated in the IB World Conference held in Hong Kong last March, one of the key-note speakers, Jamie Chiu, a clinical psychologist, spoke about stress. She discussed one interesting and understandable example that causes stress. According to her, if a monkey has a banana, other monkeys are envious of it, so it causes stress for the monkeys with no bananas. This is like comparing yourself to others who are better than you and may cause you stress. Basically, a monkey knows only other monkeys in its group. It is usually a very small community. Even for us humans, several decades ago, almost everyone lived in a small community.
       However, these days, the use of internet grows, we can connect and know a lot about countless numbers of people anywhere. That is why we tend to compare ourselves to almost a limitless number of people in the world. It makes our lives stressful. If we continue comparing, our stress grows infinitely.
       I think the root of the problem is the habit of comparing. In a sense, comparing oneself is the cause of stress, such as comparing yourself with siblings, friends, comparing your present self from the one in the past. Unless we stop comparing, we will be forever annoyed with an envious state of mind. Everyone has their own situation in life. No two individuals live in the same conditions. Family conditions, physical conditions, mental conditions. Skills and abilities we have. Troubles and trials we face. Everything that surrounds us is different.
       Don’t you think it is absolutely silly to compare yourself with others? It’s meaningless to compare the speed and time of runners who are running on different roads.  We are all living different destinies.
       What important here is to accept everything that is given to us and make the best out of them to change and improve ourselves. Instead of comparing, I would really like you to reflect on your journey, see the path you are walking on, the direction you are going, and do your best to reach your goal at the end. Thank you for listening. Have a nice holiday!
 みなさん、こんにちは。明日から待ちに待った夏休みが始まります。みなさんが、最高の状態になるよう有意義な時間を過ごしてほしいと思います。
私は3月に香港で開催されたIBワールドカンファレンスに参加しましたが、その時の基調講演で心理学者のジェイミー・チューさんがストレスに関するスピーチをしました。彼女は興味深くわかりやすい事例として、サルのストレスについて紹介しました。1匹のサルがバナナをもっていると、バナナをもっていないほかのサル達は羨ましくなり、ストレスを感じるというのです。このことは人間の私たちにも言えることで、もし自分より優れている人と自分を比べたら私たちもストレスと感じるでしょう。
 サルは小さな群れで暮らしているので他の群れのサルのことは知らないで生きています。私たち人間でも、数十年まえまでは、ほとんどの人が小さなコミュニティの中で暮らしていました。しかし今では特にインターネットの普及により、数多くの人について、その人がどこにいても私たちは知ることができるようになりました。このため私たちは世界中の無数の人々と自分を比べるようになってしまったのです。このことは私たちの生活をストレスいっぱいの生活にしています。もし私たちが比べることを続けていれば、ストレスは無限に膨らんでしまうでしょう。
 しかし、私はこの問題の本質は人と自分を比べてしまう習慣にあると思いました。ある意味では、比べることそれ自体がストレスの原因と思います。例えば、兄弟姉妹と自分を比べる。友達と比べる。あるいは過去の自分と今の自分を比べる等です。もし比べることをやめなければ、私たちは永遠に妬みや嫉みの心に苛まれてしまうでしょう。
 どんな人でもそれぞれの人生があり、それぞれの環境があります。同じ条件で生きているひとなど一人もいません。家庭環境、身体的な状況、精神的な状態、持っている能力、そしてふりかかる困難や試練。私たちをとりまくすべてが、みな違っています。
 ですから自分と他人を比べることは全く愚かなことだと思いませんか?それぞれ違った道を走っているランナーのタイムや速さを競っても意味はないでしょう。私たちはみな違った運命を生きているのです。大切なことは自分に与えられた、生きて行くための条件はすべて受け入れ、そしてその中で自分を向上させるために最善を尽くすことではないでしょうか?
 比べることをやめて、自分の人生を振り返り、今歩いている道とその方向を見つめ、そしてそれぞれの目標を達成するために最善をつくす、そんな生き方を皆さんはしてほしいと心から願っています。ご清聴、ありがとうございました。有意義な夏休みを過ごしてください。