後期始業式校長講話 2019年10月7日
Principal's Address at Secondary School Second Semester Opening Ceremony October, 7th, 2019

2019.10.10
Good morning everyone. I am quite sure that all of you made the best out of your autumn break, though it was spent in many different ways.
 
It’s autumn. The season is changing. Clouds floating, rivers flowing, wind blowing, leaves falling, everything in nature moves and changes. At the moment, you look to be sitting still and I may look to be standing still, but we are technically moving because the earth rotates and revolves at an incredible high speed. Furthermore, we continue to age every second. It’s amazing that a human body consists of trillions of cells, the cells that regenerate and deteriorate every day.  As our bodies change, our minds change as well.
 
What I would like to point out is that everything changes and nothing stays in the same place in the same state forever. So, trying to stay in the same place is against the way of nature. Change is inevitable. Change is normal.  However, if you reject this, it will cause you friction, and will result to you being unfit for the environment you live in.A lifelong learner is someone who tries to learn throughout his life and someone who is capable of changing himself. Such a person can adapt easily to his environment. It’s a natural way of how a human being lives.
 
Problem solving skills are very important. But a way of living that doesn’t cause problems or troubles should be much more prioritized, I think. If we want to live a truly natural and peaceful way of life, we should embrace change.
I hope everyone will live naturally in the next semester. Thank you for listening.
 
  皆さん、おはようございます。皆さんはきっと秋休みを有効活用したと思います。もちろんどのように活用したかは、それぞれ異なるとおもいます。
  今は秋です。季節は移りゆきます。雲は形を変え、川は流れ、風は吹き、葉がヒラヒラと落ちて行きます。自然のすべてのものは常に動き、変化しています。この瞬間も、皆さんはジッとして座っているよう見えますし、私はだだ、ジッと立っているように見えるかもしれませんが、私たちは確かに動いています。なぜなら地球は自転しながら、高速で公転しているからです。さらには、私たちは一瞬一瞬年をとっています。驚くべきことに、何十億もの私たちの細胞は日々、生れ変っています。私たちの肉体は変化し、心も同様に変化します。
 私が今伝えたいことは、この世のものはすべてが変化しつつある状態であり、一つとして同じ状態で同じところにとどまっているものはない、という真実です。だから、同じ状態でいること自体が自然の摂理に逆らっているということになります。変化は常に起こり、避けることはできません。変化自体を自然と思い、受け入れることが不可欠になります。ですから、もし変化を拒絶すれば、自分をとりまく環境に対して不適応と軋轢を生むでしょう。ライフロングラーナーとは、生涯を通じて学び続ける人であり、生涯を通じて自分を変えてゆけるひとを意味します。そのような人はいつでも、た易く環境に適応できるのです。そして、それこそが本当の意味での自然な生き方なのです。
 問題解決能力は大切な力ですが、そもそも問題を起こさない生き方の方が、実際はより素晴らしい生き方ではないでしょうか。真に自然で安定した生き方を望むなら、変化を受け入れる必要があるのです。皆さんが、そのような意味で、自然な生き方を後期もされますよう願い、式辞とします。ご清聴ありがとうございました。


 
わたしたちのGKA
english bunner text
 
学校説明会 プレスクール授業公開 サマーディキャンプ スクールガイド