中高等部編入・転入

編入生・転入生の受け入れについて

試験日(2023年度4月編入・転入希望者)2023年1月26日(27日予備日)

※応募多数の場合は試験日を2日間とし、26日または27日のどちらかで受験していただきます。

募集要項:☆編入(日本語)募集要項1

     ☆編入(日本語)募集要項2 

     ☆Application form 願書(中高用)

本校では授業の7割を英語で指導しており、学年の進行に従い在学生は高い英語力を身につけてまいります。そのため、編入・転入を希望する生徒には、該当する学年の授業を英語で受けるのに十分な高い英語力が求められることになります。また一方で、国語や社会科などの一部授業は日本語で行っていますので、日本語力も求められます。以下に、編入・転入資格等をお知らせします。

※尚、本校では初等部一年生となる入学前の秋にのみ入学試験を行っており、中高等部では編入・転入試験のみで対応しています。

編入・転入資格

  1. TOEFL Jr. の結果が中等部・700点、高等部・780点以上であること。(または同等の英語力)
  2. 原則として、在学中(入学後)は本校まで概ね1時間以内で通学可能な地域に保護者と同居し通学できること。
  3. 出願時に英語力を証明する以下のスコアのうち少なくとも1つ(複数提出可)してください。STEP(英検)・TOEFL iBT ・TOEFL ITP・TOEFL Junior・ IELTS・TOEIC

編入・転入への登録

編入・転入を希望される方は、募集要項をご確認のうえ下記の登録フォームへの登録をお願いします。

  • 上記『編入・転入資格』を満たしている方で、受験ご希望の方は編入・転入登録フォームからご登録ください。
  • 登録は学校年度《4〜3月》中に一回と限らせて頂きます。(試験は年度中一度だけ参加が可能です)
  • 登録は、3月末までに受入れ枠が生じなかった場合も、年度末(3月)をもって抹消されます。4月以降も登録をご希望される場合は、お手数ですが再登録をお願いいたします。

登録フォームへ

 

 

※海外在住の方で登録フォームに登録される方は、お手数ですが以下のエクセルファイルをダウンロード、ご記入の上 info2@gka.ed.jp までファイルを添付して送信ください。

海外在住の方 専用 登録フォーム Registration Form for Residents Abroad

 

 

 

 

 

<参考資料>

生年月日による対象学年表(4月1日更新)

現学年 生年月日
現 7学年生
(中学1年生)
2010年4月2日〜 2011年4月1日まで
現 8学年生
(中学2年生)
2009年4月2日〜 2010年4月1日まで
現 9学年生
(中学3年生)
2008年4月2日〜 2009年4月1日まで

現10年生(高校1年生)

2007年4月2日~ 2008年4月1日まで。またそれ以前に生まれた方。
   
   
   
   
   
   

 

問合わせ

学校法人太田国際学園 ぐんま国際アカデミー中高等部
事務局 生徒募集担当まで

中高等部 電話:0276-47-7711 E-mail :info2@gka.ed.jp

中等部学費・諸費等

入学金 30万円 (途中入学者の場合)
授業料 58,000 円 /月(年間 696,000 円)
施設費 100,000 円 /年(4 月・10 月に各 50,000 円)
給食費 ———– —
厚生費 6,000 円 /年(4 月納入)
教材費 30,000 円 /年(4 月納入)
その他 制服代(夏服・冬服・指定カバン・体操着・上履き他)、翻訳教科書製本代等が別途必要になります。

( 2022年4月現在)

高等部学費・諸費等

入学金 30万円 (途中入学者の場合)
授業料 58,000 円 /月(年間 696,000 円)
【※1 】
施設費 100,000 円 /年(4 月・10 月に各 50,000 円)
厚生費 6,000 円 /年(4 月納入)
教材費 36,000 円 /年(4 月納入)
IB受講料 20,000円 /月 (年間240,000円)
11年生(高校2年生)からIBDP(国際バカロレア・ディプロマコース)費用
その他 制服代(夏服・冬服・指定カバン・体操着・上履き他)等、が別途必要になります。

【※1】高等学校等就学支援金として、群馬県より支援金が支給されます。但し、所得税に応じて支給額が確定されます。

( 2022年4月現在)

GKA制服

中高等部制服 夏服

中等部・高等部の制服は同じですが、ネクタイのデザインが異なります。

中高等部制服 冬服

中等部女子はネクタイ、高等部女子はネクタイまたはリボンの着用が認められます。