FAQ

  • 入学するときに英語ができなくてはいけませんか。

    英語力よりも重要なことは、肌の違い、異言語、多文化、多国籍教師に対する受容・柔軟性、新しいことに対する興味・関心を持てる感性を育てておくことです。英語に対しての慣れ、音を聞き取ること、簡単な質問に反応できる程度の英語力があれば、自然に授業に入っていけるでしょう。また、GKAのプレスクールでは、意味のあることを英語で問いかけられ、英語で答えるというイマージョン教育の基礎を作っていきます。

  • イマージョン教育では日本語は一切使わないのですか。

    初めのうちは、子どもたちは日本語で友達と会話することになるでしょう。しかし、子どもが教員に日本語で質問しても、教員は英語で答えます。授業中に教師が日本語を使うことはありません。指示はすべて第二言語の英語で行われます。同じ内容を2つの言語で教えることや意味が分からないときに日本語で説明することはありません。日本語での説明があれば日本語での説明を待ち英語を理解しようとしなくなるからです。子どもたちの英語力がつけば教室の中でも英語で会話するよう推奨されるようになります。なお、緊急時に関しては、教員は日本語を使います。

  • 英語で学習して学力はつくのでしょうか。

    「学力」をどのようにとらえるかにもよります。従来型の日本のテストで高い点数を取ること「だけ」を学力ととらえるのであれば、英語で学習することは非効率的かもしれません。しかし、本校が目指している「学力」は、教科の本質的な理解と概念の獲得に加えて、それらを基にどのように思考し、表現していくか、またその学びに向かって取り組む態度までを含みます。これまでの研究によると、バイリンガル児のメタ認知能力はモノリンガル児と比較して高くなることが報告されており、私たちはイマージョン教育が生徒の英語力を向上させるのみならず、概念理解を促進し、在学中だけでなく、卒業後も様々な場面で応用できる力を伸ばすものと考えております。

  • 日本人としてのアイデンティティーは育ちますか。

    英語を話せることは手段にすぎません。英語で何を話し、何を伝えたいかが大切です。課外授業では日本文化(華道・茶道・和楽器・焼き物・拳法)に肌で触れる体験をし、日本文化や伝統に対する理解を深めます。また、外国人教師を通じて外からみた日本を知ることができ、国際社会の中の日本人としての意識を自然に身に付けることができます。

  • 両親とも仕事を持っているので放課後が心配です。

    初等部では校内に学童保育(1~3年生)と放課後教室(1~6年生)があります。専門スタッフが子どもたちの放課後の遊びや勉強を見守ります。

  • 通学方法はどのようなものになりますか。

    初等部・中高等部ともにスクールバスがあります。また中高等部へは公共のバスでの通学や、距離によっては自転車での通学も可能です。

  • 高等部でのコース分けでは、IBコースを選んだ場合は全員海外の大学へ行くのでしょうか。

    高等部11年生からIBコースと国内進学コースに分かれますが、IBコースは海外進学者のみが進むコースではありません。国内進学を希望していてもIBコースに進むこともできますし、IBコースを選択し、国内の大学へ進学する生徒もいます。コース分けはどこの大学へ行くかではなく、GKAでの学びの集大成として、また将来を見据えて自分がどう学びたいかで選択します。